どうやって使うの?選挙ハガキ

選挙ハガキ

選挙ハガキには、通常、推薦者の名前を書く欄が設けられています。ここには候補者を支援してくれる支援者などに推薦者となってもらい(1)、送り先に候補者を紹介したい第三者名を書いてもらいます(2)。集まったハガキはまとめて郵便局に持ち込み(3)、選挙ハガキの表示をしてもらい、第三者に届けられる(4)という流れが一般的です。

選挙ハガキを受け取った第三者は、候補者のプロフィールや政策で判断するほか、推薦者の名前を見て、この人が推薦しているなら自分も投票しようという行動に繋がっていきます。

送付先の注意点としては、「〇○○株式会社 御中」のように不特定多数が見るような記入の仕方は、公職選挙法違反となるため、注意が必要です。

選挙ハガキの流れ

なお選挙ハガキは選挙運動の期間でしか使用できないため、制作・印刷をはじめ、推薦者への承諾などは後々のトラブルにならぬよう充分な期間を設けて事前に準備することが大切です。

また、宛名面の表示は市販の宛名シールや印刷でも良いのですが、手書きで書かれる場合も多くありますので、その場合は手書きの期間も考慮する必要があります。

関連記事

ページ上部へ戻る