印象を大きく左右する、選挙ポスターの制作

選挙ポスター

どのような印象をもってもらうか

出馬を決めたからには、そこには並々ならぬ思いや、目指すべき理想があることでしょう。
訴えたいことも山ほどあるかもしれません。では、そのような思いを有権者に訴えたとき、有権者はどのような印象を持つでしょうか。
またどのような印象を持ってもらいたいでしょうか。
現状を打破する推進力を感じさせる力強さか、情熱に燃える熱量か、信頼を得るための潔癖さか、 頼りになる知性か、何を大事にするかによってどのように見せるべきかが決まります。それが表現の軸となり、フォント選びやテーマカラーが変わってきます。

印象は顔写真で決まる

選挙ポスターの中で紙面の大半をしめるであろう顔写真は、印象を最も大きく左右する重要な部分です。
紙面に対する顔の比率はどれくらいが適切か、表情はスタンダードな笑顔でいくか、それとも決意に満ちた真剣な表情が良いのか、また肌の色や明るさ、質感は年齢を感じやすい部分なので、最適に調整されているかなども重要になります。

名前は絶対に間違えられないか

顔写真で第一印象を良くしても名前を覚えてもらえなければ意味がありません。
名前は遠くからでも視認できるよう大きくはっきりと表示します。また、名前を読み間違えられる可能性がある場合は、ひらがなで表示するか、必ずふりがなをつけるようにしましょう。投票が記名式の場合、有権者が間違った名前で投票してしまうと無効票になる場合があるからです。必ず間違えられることがないように対策をしておきましょう。

キャッチコピーは明解か

キャッチコピーを入れる場合はなるべく簡潔に、短い文章でまとめましょう。人が一瞬で認識できる文字数は12〜14文字程度とされています。例えばYahoo!ニュースの見出しは13文字以内で統一されています。キャッチコピーを決める際もこの文字数を念頭に考えると良いでしょう。

選挙ポスターのデザインで失敗しないために

印象が何より重要な政治家にとって、ポスターをはじめとした様々なツールのグラフィックは、印刷会社ではなく専門のグラフィックデザイナーに任せるべきです。10sen.netでは候補者の人柄を見極め、写真の補正、お名前や政策の効果的な打ち出し方、テーマカラーなどを検討し、あなたの魅力を最大限に引き出すクリエイティブを目指します。

ピックアップ記事

  1. 地域を歩いていると、時折、名前だけ、もしくは顔写真と名前が書かれている縦長の看板を見かけることがあり…
  2. 選挙公報
    選挙期間中に各家庭に配布される選挙公報。 立候補した全ての候補者の氏名や経歴、政見などが掲載され、…
  3. 選挙ポスター
    どのような印象をもってもらうか 出馬を決めたからには、そこには並々ならぬ思いや、目指すべき理想がある…
  4. 選挙ハガキ
    選挙ハガキは別名、公選ハガキ、法定ハガキとも言われています。 候補者が選挙活動として使用することが…
ページ上部へ戻る